ガレージハウスで愛車と気ままな日々‼️ 目指せSETAGAYA base🚘的生活‼️

30歳の一般人です。クルマが好きすぎてガレージハウスを建てました。ローン地獄ですが頑張って返済中です。。。建設までの経緯やその後、愛車について少しずつ書いていきたいと思います。

ホイールコーティングおススメ商品

これまでにいくつかボディーコーティング剤を紹介してきましたが、今回はホイールコーティング剤の紹介です

 

我が家のZは初めての新品ホイール装着車です

購入したのはこちら

 

f:id:omsin:20191109163212j:plain

SSRのGTV01です
サイズはF:18×8.5 +22、R:18×9.5 +35 です

純正よりリム幅を広げてワイドタイヤを履けるようにしつつ、インチアップはしませんでした

本当は鍛造が良かったのですが、予算の都合で鋳造です

 

そんなホイールですが、せっかく新品で購入したのでコーティングしています

使用したのはこちら洗車の王国のホイールクリスタルです

ホイールコーティング剤【ホイール クリスタル 50ml】【ガラスコーティング剤】コーティング剤【洗車用品】ナノコーティング剤 セラミックコーティング剤 耐久型コーティング剤 自動車ホイール ホイル クリスタルコート剤 ブレーキダスト 洗車 業務用【車】

価格:4,069円
(2019/11/9 16:51時点)
感想(693件)

中身はこのようになっています

f:id:omsin:20191109163217j:plain

コーティング剤の入った瓶、塗布用の布、スポンジ、拭き取り用の布です

 

作業は簡単で、コーティング剤を塗布して数分待って、完全に乾く前に拭き上げます

その後24時間乾燥させれば完了です

この瓶1本でホイール4本を5回塗れます

 

コーティング後がこちらです

f:id:omsin:20191109163225j:plain

この商品は、ホイールの光沢を増したり、艶感を出したりするものではなく、防汚効果が強いのが特徴です

Zを購入した6年前にコーティングを施行しており、その後は普段の洗車時に水洗いしているだけのホイールですが、現在こんな状態です

f:id:omsin:20191109163604j:plain

これは洗車機に欠けただけの状態ですが、ここまでピカピカになります

我が家のZはカーボンパッドを装着しているので、ダストは非常に多いのですが、それでもあまり残ることなく落ちてくれます

 

ホイールは普段そこまで磨くことは無く、多くの車で汚れたままになっていることが多いですが、おしゃれは足元からというように、きれいだとクルマもかっこよく見えます

そんなホイールを、きれいな上程で保ちやすくしてくれるこのコーティング剤はおススメです

ホイールコーティング剤【ホイール クリスタル 50ml】【ガラスコーティング剤】コーティング剤【洗車用品】ナノコーティング剤 セラミックコーティング剤 耐久型コーティング剤 自動車ホイール ホイル クリスタルコート剤 ブレーキダスト 洗車 業務用【車】

価格:4,069円
(2019/11/9 16:51時点)
感想(693件)

施工も簡単で、効果も長持ちします

新車購入時や、ホイール購入時にはぜひ試してみてください

愛しのZバッテリー上がり。。。趣味車の維持の悩み

本日久しぶりにZのエンジンをかけてみると、セルが少し回る程度でエンジンがかかりません。。。

うまく火花が飛ばないのでしょう

かろうじて電装系は動きました

純正の電圧計はこのようになっています

f:id:omsin:20191104174438j:plain

10V弱です

クルマのバッテリーはエンジンoff時で12V、エンジンがかかっていれば同時に充電もしているため13-14Vです

ということで、バッテリー上がりです

バッテリー上がりの症状

 一般にバッテリー上がりでは、うんともすんとも言わなくなるようなイメージを持っている方も多いかと思いますが、少しずつ電圧が落ちていくので、実際には突然何も動かなくなることはありません

①最初の症状はエンジンがかかりにくくなります

②次にエンジンがかからなくなります

この時点ではセルモーターは回るので、キーを回すとキュルキュルなりますが、エンジンは回ってくれません

③その後セルも回らなくなります

ナビなどの電装系は何とか動きます

④そして最後にキーを回しても何も起こらなくなります

①、②の状態では昔ながらの押し掛けが使えます

③までバッテリーの消耗が進むと、ジャンプスターターを使うか、バッテリーを交換するかしかなくなります

バッテリー上がりの原因

現在のクルマは駐車中の盗難防止やナビなどの電装品が多く、エンジンを切って停めているだけでもバッテリーに多くの負担がかかっています

定期的にエンジンをかけたり走らせることでバッテリーを充電することで、この負担で消費したバッテリーを復活させているのです

そのため、動かす機会が少なくなると、バッテリー上がりのリスクは高くなります

また、電池と同じなので、外気温が下がってくると放電効率が下がりバッテリーが上がりやすくなってしまいます

バッテリーが上がった際の対応

バッテリーが上がってしまった場合はジャンプスタートという方法を使えば、エンジンをかけることができます

簡単に言うと、他の車やバッテリーなどから一時的に電力を分けてもらってエンジンをかけるのです

エンジンがかかってしまえば、自動で充電されていくのでバッテリーを再生することができます

JAF自動車保険会社が行ってくれるロードサービスもこれです

この方法の弱点は、バッテリー自体は弱っているので、すぐにまたバッテリー上がりを起こしてしまうということです

基本的にはバッテリーは交換しなくてはいけませんが、緊急避難的な方法としてジャンプスタートという方法があるわけです

バッテリーの買い方

バッテリーはディーラーやカー用品店、スタンドで買えますが、やや高いです

その分、交換作業と廃バッテリーの処理もついています

ホームセンターでも購入できます

廃バッテリーの回収はしてくれますが、取り付けはDIYになります

ネット販売でも買えますが、交換作業も廃バッテリーの処理も自分でしなくてはなりません

楽天では廃バッテリー回収もしてくれる商品があるので、そういった商品を購入すれば問題は解決されます

ちなみに、品番の選び方です

Zのバッテリーは80B24Lです

これは

80が性能ランク 数字が大きいほど高性能です

Bが端子のサイズ BとDがあります

24が長辺の長さ

Lがプラス端子の位置

となっています

自身の車のバッテリーを交換する場合には先頭の80という数字を大きなものにすれば性能の良いバッテリーを積むことができます

それ以外の部分は違うものにすると取り付けできなくなる可能性が高いです

趣味車での問題点

バッテリー上がりは動かさない車では避けられない問題です

我が家のZもデュアリスの登場で動かす機会が少なくなり、月に1,2回しか走らなくなってしまっていました

その結果がこれです

実はZを購入した直後にバッテリー交換はしていました

f:id:omsin:20191104181851j:plain
f:id:omsin:20191104181855j:plain

信頼して使い続けているPanasonicのCAOSです

自動車用 バッテリー カオス 80B24L/C7 パナソニック 標準車 充電制御車用 新品 【キャッシュレス 5%還元】

価格:10,274円
(2019/11/4 18:33時点)
感想(65件)

バッテリー交換はDIYで簡単にできるので、これまでもずっと使ってきました

しかし、4年以上経ち、動かす機会も少なくなってしまったことから今回バッテリー上がりを起こしてしまいました

こうなると問題となるのは、この次のバッテリーをどうするかです

動かす機会が少ないのは変わらないので、CAOSほどのクオリティーはいらないと思いますが、バッテリーがないと走れないので、何かしら準備しなくてはいけません

rakutenで検索してみると、CAOSが12000円前後で、そこまで高くはないので次もCAOSになるかと思います

趣味車でバッテリーを挙げないための工夫

一番簡単な方法はバッテリーのマイナス端子を外しておくことです

こうすることで、駐車時の無駄な放電を防ぐことができます

DIYに慣れている人などは、キルスイッチを付けておくと作業が簡単です

【 ポイント5倍 2019/11/01 0時~2019/11/01 24時 】 バッテリー キルスイッチ B端子用 ターミナルスイッチ DIN バッテリーカットオフスイッチ バッテリーカットターミナル 楽天ラッキーシール付き 送料無料

価格:1,575円
(2019/11/4 18:37時点)
感想(3件)

その他には定期的にエンジンをかけることです

とはいえ、アイドリングで充電できる電力はたかが知れているので、やはり走らせるのが一番です

まとめ

趣味車になったZのバッテリーが上がったので、その対策などをまとめてみました

今後僕も対応策を考えてDIYで改善しようと思います

これまで装着したドライブレコーダーをレビューする

今回はクルマネタです

あおり運転が問題となっている昨今、ドライブレコーダーを導入する人も多いのではないでしょうか

そんな時に気になるのが、何を買えばいいのかということです

これまでに使ったこのとあるドラレコをレビューしてみたいと思います

  • KENWOOD DRV-N520
  • COMTEC ZDR-013
  • YUPITERU  DRY-ST3000d
  • YUPITERU DRY-FV93WG
  • Liswey DR400G-HD
  • 紹介した商品のまとめ
  • ドラレコを選ぶ際に気にした方がいいと思う機能
  • まとめ

 

続きを読む

ガレージDIY 小物を充実させてこだわりの空間に❗編

ガレージDIYの記事はこれまでにもいくつか紹介してきています

今回は小物を充実させてこだわりの空間に!です

 

とは言え、気に入った小物を購入して見せ方に少し工夫したという記事です

 

続きを読む

マイカー関連 おススメのヘッドライト磨き剤編

現在の車のヘッドライトは樹脂製となっているので、どうしても時間が経つと黄色く変色してきてしまいます

そうなるとヘッドライトの明るさが低下してしまい危険になったり、何よりも見た目が古ぼけてしまいます

我が家のZも中古で購入していますし、何より登録から11年たっているのでどうしてもヘッドライトの黄ばみは出てきてしまいます

これまでも何種類も磨き、コーティング剤を試してきましたが、今回なかなかいいものに出会ったので紹介したいと思います

 

今回出会ったのはこちらです

CCI シーシーアイ 0330164 スマートガード ヘッドライトコート 1台分 プロショップが認めた 透明感&耐久性!!

価格:2,260円
(2019/9/15 21:57時点)
感想(0件)

 

CCIというメーカーのコーティング剤です

1台分で2300円とやや高めです(相場は1000-1300円ぐらいです)が、その効果は絶大でした

 

中身はこのようになっています

f:id:omsin:20190915213443j:plain

磨き用のコンパウンドとコーティング剤です

コーティング剤は2液性で、使用直前に混和して使います

塗布は付属のスポンジを使い、仕上げに拭き上げ作業があります

このセットでいいところは、なんとマスキングテープも付属しているのです!

これはありがたい心遣いです

 

さて、施工の様子です

f:id:omsin:20190915213431j:plain
f:id:omsin:20190915213437j:plain

コンパウンドで表面の黄変したコーティング剤をしっかり磨き落とし、コーティング剤をかけていきます

かけた直後は写真左のように何となく青ばんで不安になります

2時間ほどで乾燥します

セットの内容で3回は重ね塗りできますので、途中で失敗してもコンパウンドで磨いてきれいにすればやり直すことができます

乾燥後に付属のタオルで吹き上げると写真右のようになります

青ばんでいた筋も消え、きれいなクリアコーティングがかかります

コーティングのコツとしては、乾かしながら何度も重ねるより、乾く前に厚めに塗っておく方が良いようです

塗装の際のクリア塗装と同じ要領です

厚塗りは液だれのリスクがあるので、不安な場合はちょっと厚めに何層か重ねれば十分だと思います

 

そしてbefore/afterです

f:id:omsin:20190915213427j:plain
f:id:omsin:20190915213448j:plain

随分と黄ばんで見えたヘッドライトがきれいになり、一気に若返った印象です

 

実は、これまで使っていたコーティング剤も、使用直後はこのぐらいきれいになっていました

問題は耐久性で、1000円前後のものは、1ヶ月持たずに黄ばみ始めて目立つようになってしまっていました

一度Keeperのヘッドライトコーティングをかけてみたのですが、それも半年ぐらいしか持ちませんでした

 

そしてこのコーティング剤ですが、現在施工から1.5か月たちますが、全く黄ばんでいません

f:id:omsin:20190915221306j:plain

これが現在の状態です

やや暗いですが、黄ばみがなくクリアなのが伝わるかと思います

この先どの程度効果が持続するかは見ていかないといけませんが、これまでの市販のものと比べると、明らかに効果の持続がいいようです

このまま半年ぐらい持ってくれれば、Keeperをかけに行かなくてよくなりそうです

 

ヘッドライトの黄ばみでお困りの方は、いろいろ試す前にぜひこの商品を試してみてください

マイカー関連 マニュアル車もエンジンスターターで快適に❗編

久しぶりにマイカーネタです

今回はマニュアル車のエンジンスターターについてです
雪国で車に乗っている人からすれば馴染み深いエンジンスターターですが、本来はオートマ車の装備です
今回はそんなエンジンスターターをマニュアル車DIY取り付けしたレポートと、その後の使用感についてまとめてみます
f:id:omsin:20190905144305j:plain

  • エンジンスターターについて
    • エンジンスターターとは?
    • なぜマニュアル車にはないのか?
    • マニュアルにのエンジンスターターをつけるには?
  • My ZのDIY
  • 実際の動作映像
  • エンジンスターターの安全性は?
  • 使用感は?
  • まとめ
続きを読む