ガレージハウスで愛車と気ままな日々‼️ 目指せSETAGAYA base🚘的生活‼️

30歳の一般人です。クルマが好きすぎてガレージハウスを建てました。ローン地獄ですが頑張って返済中です。。。建設までの経緯やその後、愛車について少しずつ書いていきたいと思います。

マイカー関連 おススメのヘッドライト磨き剤編

現在の車のヘッドライトは樹脂製となっているので、どうしても時間が経つと黄色く変色してきてしまいます

そうなるとヘッドライトの明るさが低下してしまい危険になったり、何よりも見た目が古ぼけてしまいます

我が家のZも中古で購入していますし、何より登録から11年たっているのでどうしてもヘッドライトの黄ばみは出てきてしまいます

これまでも何種類も磨き、コーティング剤を試してきましたが、今回なかなかいいものに出会ったので紹介したいと思います

 

今回出会ったのはこちらです

CCI シーシーアイ 0330164 スマートガード ヘッドライトコート 1台分 プロショップが認めた 透明感&耐久性!!

価格:2,260円
(2019/9/15 21:57時点)
感想(0件)

 

CCIというメーカーのコーティング剤です

1台分で2300円とやや高めです(相場は1000-1300円ぐらいです)が、その効果は絶大でした

 

中身はこのようになっています

f:id:omsin:20190915213443j:plain

磨き用のコンパウンドとコーティング剤です

コーティング剤は2液性で、使用直前に混和して使います

塗布は付属のスポンジを使い、仕上げに拭き上げ作業があります

このセットでいいところは、なんとマスキングテープも付属しているのです!

これはありがたい心遣いです

 

さて、施工の様子です

f:id:omsin:20190915213431j:plain
f:id:omsin:20190915213437j:plain

コンパウンドで表面の黄変したコーティング剤をしっかり磨き落とし、コーティング剤をかけていきます

かけた直後は写真左のように何となく青ばんで不安になります

2時間ほどで乾燥します

セットの内容で3回は重ね塗りできますので、途中で失敗してもコンパウンドで磨いてきれいにすればやり直すことができます

乾燥後に付属のタオルで吹き上げると写真右のようになります

青ばんでいた筋も消え、きれいなクリアコーティングがかかります

コーティングのコツとしては、乾かしながら何度も重ねるより、乾く前に厚めに塗っておく方が良いようです

塗装の際のクリア塗装と同じ要領です

厚塗りは液だれのリスクがあるので、不安な場合はちょっと厚めに何層か重ねれば十分だと思います

 

そしてbefore/afterです

f:id:omsin:20190915213427j:plain
f:id:omsin:20190915213448j:plain

随分と黄ばんで見えたヘッドライトがきれいになり、一気に若返った印象です

 

実は、これまで使っていたコーティング剤も、使用直後はこのぐらいきれいになっていました

問題は耐久性で、1000円前後のものは、1ヶ月持たずに黄ばみ始めて目立つようになってしまっていました

一度Keeperのヘッドライトコーティングをかけてみたのですが、それも半年ぐらいしか持ちませんでした

 

そしてこのコーティング剤ですが、現在施工から1.5か月たちますが、全く黄ばんでいません

f:id:omsin:20190915221306j:plain

これが現在の状態です

やや暗いですが、黄ばみがなくクリアなのが伝わるかと思います

この先どの程度効果が持続するかは見ていかないといけませんが、これまでの市販のものと比べると、明らかに効果の持続がいいようです

このまま半年ぐらい持ってくれれば、Keeperをかけに行かなくてよくなりそうです

 

ヘッドライトの黄ばみでお困りの方は、いろいろ試す前にぜひこの商品を試してみてください