ガレージハウスで愛車と気ままな日々‼️ 目指せSETAGAYA base🚘的生活‼️

30歳の一般人です。クルマが好きすぎてガレージハウスを建てました。ローン地獄ですが頑張って返済中です。。。建設までの経緯やその後、愛車について少しずつ書いていきたいと思います。

住んでわかった クローズ外構でここだけは注意すべきポイント

我が家はクローズ外構を採用しています

これまでにも住み始めてわかった後悔ポイントはまとめています

www.omsincarandhouse.work

それに加えて、秋になって気づき始めた後悔ポイントがあったのでご紹介します

 

それは、雨や落ち葉の逃げ道が無いと言うことです

 

クローズ外構の場合、正面にも側面にも塀が立ちます

そして、出入り口にはスライドシャッターなどの門がつくわけです

我が家は、正面の出入り口にはLIXILエススライドというスライドシャッターを採用しました

f:id:omsin:20191029173653j:plain

この商品は、2本のレールが開口部全体に敷かれます

こうなると、このレールがつかえになってしまい、水やごみが流れていきません

雨の後や洗車の後はこのように水が溜まってしまいます

レールの一部に水抜きのスペースを開けてもらうなどの工夫がいるようです

 

また、塀と塀の角の部分は吹き溜まりになってゴミがたまってしまいます

f:id:omsin:20191029174010j:plain

このごみも、レールのせいで水を使って外に洗い流すことができないので、ほうきと塵取りが必要になってきます

また、レールと塀の間はなかなかゴミがとりにくく掃除も一苦労です

 

クローズ外構を採用して秋になったことで、落ち葉の問題が生じました

クローズ外構は見た目はかっこいいですが、排水や掃除などのしやすさにも気を使って設計しないといけないようです

 

家の前のコンクリートの部分に排水口を導入するのもありだったかなと思います

実は設計の段階ではコンパクトドレインという商品の採用を提案していました

オンリーワン 排水溝 コンパクトドレイン 単品(3m) タン MT2-DTPTN ※個人配送不可

価格:18,648円
(2019/10/29 17:46時点)
感想(0件)

 

これならあまりめだたっずにいいかなと思っていたのですが、いつの間にか図面から外れていたようで、完成した時にはついていませんでした。。。😢

今から思うと付けていればこんなことに悩まずに済んだのかもしれません