ガレージハウスで愛車と気ままな日々‼️ 目指せSETAGAYA base🚘的生活‼️

30歳の一般人です。クルマが好きすぎてガレージハウスを建てました。ローン地獄ですが頑張って返済中です。。。建設までの経緯やその後、愛車について少しずつ書いていきたいと思います。

エルグランドに1週間乗ってみたレビューをしてみる

さて、先週納車されたエルグランドですが、1週間乗ってみたのでレビューしてみたいと思います

今回納車されたのはこちらです

f:id:omsin:20201001192849j:plain

E52型のエルグランド 後期型です

エンジンは2500ccのNAで、CVTの前輪駆動車です

ほぼフルノーマルで、足回りは弄っていません

Zにも乗っているので、そのあたりを比較しながらレビューしていきたいと思います

乗り始めて1週間ぐらいが、エルグランドの運転にもなれていないので、Zとの差や違和感等がよくわかる頃かと思います

 

ハンドリング

これは比べるまでもありませんが、かなり鈍いです

Zの倍くらいはハンドルを回さないと旋回しません

また反応性も乏しいので、車体の向きが変わるまで2テンポほど間があるように思います

重心の高さ、足回りの柔らかさ、ホイールベースの長さが影響しています

曲がり始めてもアンダーステア傾向は残ります

この辺は慣れるまでは違和感が強い感じでしょうか

f:id:omsin:20201001193627j:plain

あまりにも耐えられなかったので、フロントのストラットタワーバーを取り付けました

このおかげで車体の反応までのタイムラグが1テンポほどに改善されました

この手のLクラスミニバンにしてはいい方なのかもしれませんが、スポーツカーと比べると見劣りします

ちなみに、先日まで乗っていたデュアリスと比べてみると、タワーバー取り付け後はそこまで差はないように感じます

低速域での小回りも効かないので、駐車位置などは少し考える必要が出てきます

ブレーキ性能

これは純正でブレンボを装着しているZと比較するのは申し訳ないので、デュアリスと比較してみます

エルグランドはXGのグレードでは16インチのホイールを装着します

そして、ブレーキシステムは全グレード共通なので、18インチホイールを履くハイウェイスターのグレードでも16インチのキャリパー容量です

デュアリスも16インチサイズのブレーキなので、ブレーキパワーとしては恐らく同じものだと思います

車両重量は1.5倍ほどあるので、ブレーキ容量としては心もとないというのが正直なところです

強く踏めばしっかり効きますが、軽いタッチではあまり制動力が効かないので、コントロール性としてはやや劣ります

その分、ブレーキを踏んだ際のノーズダイブはあまり気になりません

このあたりはパッドの交換等の対応をした方がいいかもしれません

走行性能

ここではエンジンやCVT制御についてです

エルグランドは燃費のためかCVTの制御がかなり特徴的です

基本的に巡航状態になると1000~1200rpmというかなり低回転域で走るように制御されています

そのため、走行中のエンジンの音は気になりません

一方、加速をしようと思ったり、上り坂に差し掛かった時などにはパワーが出て加速するまでモサっとしたタイムラグがあります

この辺は好みの問題や車の特性による部分ではありますが、Zに乗っている身からするとかなりストレスを感じます

直線安定性は長いホイールベースのおかげもあってかなり良いです

ハンドルも軽く、路面の凹凸も足回りできれいに吸収してくれるので運転しにくいという感じはありません

メーター周りの視認性

f:id:omsin:20201001200137j:plain

タコとスピードについてはアナログメーターがついています

バックライトも明るく、メーターの視認性は良好です

センターのデジタルパネルについてはステアリングスイッチで操作でき、いくつかの車両情報を表示することができます

ナビについてはまっすぐ後ろを向いているのでやや見にくい感じで、操作はダイヤルとタッチパネルどちらでも可能ですが、位置がやや遠く走行中の操作は難しいです

フロントガラスは寝ていて面積が広いので、前方の視界は良好です

ボンネットはほぼ見えないので、前方向の距離感はつかみにくいかもしれません

アラウンドビューモニター

これはないと不便かと思います

車体がデカく小回りも効かないので、死角が非常に大きいです

前方向、後輪回り、真後ろについてはカメラがないと見えません

アラウンドビューモニターについては、ソナーセンサーが反応するくらい障害物に接近すると自動で起動するようになっていますので、とても助かります

バックするときというより、幅寄せするときに活躍してくれます

車内空間

これはさすがとしか言いようがありません

車内高はそこまでないので車内で立つことはできませんが、かなり広い空間があるので圧迫感はありません

助手席、2列目にオットマンがついています

オットマンを広げても十分な広さがあるので、その車内空間の広さが感じ取れます

f:id:omsin:20201001201218j:plain
f:id:omsin:20201001201225j:plain

ちなみに、チャイルドシートを付けた状態を比較してみます

Zはかなりキツキツです

一方エルグランドはこの余裕です

シートポジションとしては助手席は目いっぱい後ろに下げてあります

3列目は倒してあります

セカンドシートとしてはかなり制限されているはずなのですが、チャイルドシートの前を余裕で通れます

車内に乗ってからチビをチャイルドシートに載せられるだけの余裕があるのでかみさんには好評です

シート

個人的には純正のシートがかなり良くできていると思います

これまで乗ってきた車と比較するとマーチやステージアよりもサポート性能が良いです

デュアリスと同じくらい肩回りのサポートがしっかりしているにもかかわらず、乗り降りの邪魔になりません

デュアリスには太もも部分にサポーターは無かったのですが、エルグランドにはついています

そして座面横の太もも部分のサイドプロテクターが本当によくできています

上から力がかかるとつぶれるのですが、横からの力にはしっかりと反発してくれます

そのおかげでカーブの際もドライビングの姿勢が崩れず、疲れにくくなっています

また、シート形状やポジションの設定がZの純正シートに近いのか、個人的には」かなり運転姿勢が楽です

ミニバンにしては少し横になって運転するスタイルになるので、このあたりは好みがわかれるかもしれません

燃費

1週間ではわからない部分もありますが、普段使いしていて平均燃費のメーターは少しずつ伸びてきているので、それなりにいいのかもしれません

2桁まではいかないと思いますが、何とか9km前後で推移してくれないかと思います

まとめ

納車から1週間乗ってみてのレビューをまとめてみました

昔のエルグランドのCM[のように、スポーツカー並みの走行性能はありませんが、このクラスのミニバンにしては走る方なのではないかと思います

ブレーキについては何か対策した方がいいと思いますが、それ以外は問題ない感じです

中古で購入される方は、アラウンドビューモニターはある方がいいと思うので、探す際のポイントにしてみてください

 

まだまだDIYでの改造は行っているので、少しずつアップしていきたいと思います