ガレージハウスで愛車と気ままな日々‼️ 目指せSETAGAYA base🚘的生活‼️

30歳の一般人です。クルマが好きすぎてガレージハウスを建てました。ローン地獄ですが頑張って返済中です。。。建設までの経緯やその後、愛車について少しずつ書いていきたいと思います。

1000円が7000円になるDIYの醍醐味(笑

今回はガレージDIYネタです

DIYの醍醐味といえば、自分好みにカスタムできる点です

その結果、せっかく安い品物を購入してもいろいろしているうちにかなりの値段になってしまうことがあります

今回もそんな楽しくも残念な経験をしたのでまとめてみます

 今回DIYのために購入したのがこちらです

栓抜き アンティーク レトロ ビンテージ コロナ 壁付け ボトルオープナー バー アメリカン アメリカン雑貨 立体ロゴ_TW-BOTOPN2-HYS

価格:1,100円
(2020/11/25 18:51時点)
感想(0件)

ガレージに壁付けのボトルオープナーを付けたくて購入しました

ワイルドスピードの影響もあり、ビールといえばコロナビール派なので、このデザインにしました

f:id:omsin:20201125185056j:plain
f:id:omsin:20201125185059j:plain

実際に届いてみると値段相応のcheapさが気になってしまい、そのまま取り付ける気にはなりませんでした

そこで、DIYで塗装していこうと思いました

そこで購入した塗料がこちらです

f:id:omsin:20201125185421j:plain
f:id:omsin:20201125185430j:plain
f:id:omsin:20201125185440j:plain

結晶塗装、スチール塗料、タッチアップペンです

これだけで6000円しました😢

小さい部品ですので、結晶塗装に挑戦してみようと思ったのがきっかけですが、全体のバランスなどを考えてスチール塗料とタッチアップペンも追加してしまいました

f:id:omsin:20201125185728j:plain
f:id:omsin:20201125185730j:plain
f:id:omsin:20201125185736j:plain

結晶塗装は塗装の後の乾燥の段階で120℃で20分の焼き付けが必要になります

そこで、段ボールで簡易的な保温室を作り、ハロゲンヒーターとヒートガンであぶりました

塗装直後は普通の塗料とあまり変わりはありません

厚塗りが必要なようなので、3回塗りしました

その後焼き付けをすると塗料が縮んでシワのある塗膜になります

これで薄っぺらい感じだったものが、重厚感のある雰囲気に仕上がります

f:id:omsin:20201125190115j:plain
f:id:omsin:20201125190121j:plain

ロゴの部分はマスキングしておいておそうしたので、マスキングを外すとこのようになります

そこで、この面はスチール塗料で塗装します

スチール塗料はつや消し青にしておいたのですが、実際に乾いてしまうとあまり青みがなくなってしまいました

この塗料はあまり厚塗りしない方が色がきれいに出るみたいです

f:id:omsin:20201125190340j:plain
f:id:omsin:20201125190345j:plain

後はロゴの部分を鑢で削って塗料を落とします

そしてロゴ部分をタッチアップペイントで塗れば完成です

f:id:omsin:20201125185056j:plain
f:id:omsin:20201125190345j:plain

もともとの状態と比べると、かなり重厚感が出たと思います

f:id:omsin:20201125191807j:plain
f:id:omsin:20201125191811j:plain

ワイルドスピードのダイキャストカーの脇に取り付けました

ここだと外した便のふたが下のゴミ箱に落ちてくれる場所です

使い心地としては、普通の栓抜きと比べるとかなり使いにくいですが、一応瓶のふたを開けることはできます

使い方は少し慣れが必要なようです

 

約7000円かけて使い勝手の悪いものになりましたが、やはり雰囲気が大事なガレージなので満足感はかなりのものです

 

結晶塗装もそこまで難しくなくきれいにできたので、これから挑戦してみたいと思っている方にもおすすめです