ガレージハウスで愛車と気ままな日々‼️ 目指せSETAGAYA base🚘的生活‼️

32歳の一般人です。クルマが好きすぎてガレージハウスを建てました。ローン地獄ですが頑張って返済中です。。。建設までの経緯やその後、愛車について少しずつ書いていきたいと思います。

我が家のトイレ戦争 ついに終焉!

これまで2回にわたって記事にしてきた我が家の2階トイレのつまりとの闘いですが、ようやく終焉を迎えたのでまとめてみたいと思います

今回は様々なDIYトイレつまり解消グッズを駆使して、業者に依頼せずに完全開通させられたので、この先トイレつまりで困る方のためにもまとめておきたいと思います

 

これまでの経緯

今回のトイレつまりの経緯についてです

すでに2つの記事にしていますので詳細はそちらを参照してください

www.omsincarandhouse.work

www.omsincarandhouse.work

ざっと経緯をまとめると

2020年12月18日 急激な冷え込みがあった日に初めてのトイレつまりが発生しました

夜にトイレを流そうと思うと水が溜まり、30分以上かけてゆっくりと引いていく状態でした

そこでラバーカップを購入して一度は改善したものの1週間後に再度同じ症状になりました

その間、2階のトイレはほとんど使っていない状態でした

再度ラバーカップで開通させ、年を越した1月6日にまたまた詰まりました

そこで2年点検時にダイワハウスに相談し、次回詰まった際には対応してもらうことになりました

1月14日にまたまたつまりが発生し、15日にダイワハウスとともに業者が訪問してくれ、2階の水道から水を流しまくって水圧で開通させるという荒業を行いましたが、結局2日でまた詰まりました

どうしようもないので最後のあがきと、加圧式のパイプクリーナーを購入し試してみました

ここまでがこれまでに書いた記事のあらすじです

パイプクリーナーで開通後、しばらくは調子が良かったものの、5日後に再度つまり症状が出現しました

そこで、今度は生物の力に頼ることにし、バクテリアによる配管洗浄剤を購入して丸1週間使い続けました

そして最後にラバーカップで押し込んだところ、完全開通を達成することができました

購入した道具

今回のトイレつまりに対して購入したのがこちらの道具たちです

それぞれの特徴と使うシーンを考察してみます

ラバーカップ

送料無料 ラバーカップ洋式 ケース付 トイレ用つまり取り【RCP】【CP】

価格:1,547円
(2021/2/3 20:23時点)
感想(5件)

昔からトイレのつまりと言えばのスッポンです

最近は洋式トイレ用や節水トイレ用などいろいろなタイプがあるので、家のトイレにあったものを買うといいと思います

簡単なつまりであればこれですぐに解消できます

値段も手ごろなのでいざという時のために1つ持っていると安心ですね

加圧式パイプクリーナー

パイプクリーナー 加圧式 排水口 ポンプ つまり トイレ ラバーカップ 洗面所 お風呂 浴室 浴槽 キッチン 家庭用 業務用 人気 おすすめ 髪の毛 詰まり 洋式 和式 真空 バキューム 新生活応援

価格:3,990円
(2021/2/3 20:26時点)
感想(1件)

これは簡易的な圧縮空気の射出機です

空気入れと本体になっており、トイレなど詰まった排水管に対して圧縮空気を送り込むことでつまりを奥に押し流して解消させるものです

スッポンと異なり奥に押し流すタイプなので、やや硬いものが詰まっている際にも効果があります

一方で、排水管の中をしっかりと衝撃が伝わらないといけないので、詰まった状態で排水管内に水が満ちている状態で使用しないとほとんど効果がないと思います

トイレなどは正常時は封水がありますが奥は水がない状態なので、その状態で使っても効果はほとんどありません

かなりの破壊力があり、水が満ちた状態で使いと水しぶきが上がるので使う際には注意が必要です

バクテリア式パイプクリーナー

ロービックK97JD 内容量4L 強力トイレパイプクリーナー バクテリア強化タイプ

価格:6,600円
(2021/2/3 20:32時点)
感想(0件)

これはバクテリアをトイレの配管の中に増殖させ、詰まりの原因物質を分解してしまうというものです

便やトイレットペーパーといった有機物にしか効きませんし、効果が出るまで時間がかかりますが、ラバーカップや加圧式パイプクリーナーでは届かない排管の奥まで効果を発揮することができます

実際、我が家ではこのパイプクリーナーのおかげで開通しました

値段はやや張りますが、業者に頼むよりは安いですし、1日1回寝る前にトイレに流すだけなので、施工も簡単です

業者を呼ぶ前の最終手段としてダメもとで1週間くらい試してみるのはありかと思います

今回のトイレつまりの考察

さて、今回のトイレつまりについて考察してみたいと思います

原因

原因は初回の記事に書いた通りチビの便だと思われます

未だにおむつ内にはかなり巨大でコロッと硬い便が出ています

それを流していたのが一番の原因と思われます

また、1階のトイレとは排水の際の流れ方が異なり、排泄物を奥に押し流す力が弱かったのも問題だと思います

結果として、硬い便がトイレの配管の奥に詰まっていたのが根本の原因だったと思われます

どこに詰まっていたか

はっきりとはわかりませんが、2階の洗面所やキッチンなど、トイレ以外の部分の配管は全く詰まる気配がなかったので、トイレから外の汚水桝につながるまでの経路のどこかです

僕は家の中で2階の排水管がすべて集合して外に抜けるのかと思っていましたが、外の汚水桝のつながりを見ていくとおおよそ独立しているようでしたので、ダイワハウスが行った一斉排水での洗浄はほとんど意味がなかったと思われます

つまりの症状は連続して4回トイレを流すと発生していたので、便器からはそう遠くない部分で詰まっていたのだと思います

最終的な開通までの道のり

ラバーカップや加圧式パイプクリーナー、ダイワハウスでの一斉排水等はこれまで記事にしたので割愛します

ここではバクテリア式パイプクリーナーを入れ始めてから、最終的に開通するまでをまとめてみます

バクテリア式パイプクリーナーを購入してから、我が家は2階トイレの使用を禁止しました

そして1週間、朝と夕に紙コップ1杯分のバクテリア式パイプクリーナーを流し続けました

4Lのボトルを購入しましたが、1週間計14回の投入でほぼ使いきりました

最初の2日間はただバクテリア式パイプクリーナーを流すだけにし、その後の2日間はバクテリア式パイプクリーナーを流した後、バケツで温水を2杯ずつ後押ししました

この時点でバケツの水が詰まることなくすんなりと流れるようになっていました

そこで、5日目にトイレットペーパーを5回連続で流したところ、いったん水位が上昇しゆっくり流れるという事象が起こりました

そこで、水が溜まっているうちにラバーカップで押し込んでやるとすんなりと流れるようになりました

後はそこから3日間、バクテリア式パイプクリーナーとバケツの温水を流し続けました

1週間の作業の後、トイレットペーパーを10回連続で流しても全く詰まる気配もなくなったので、それ以降はトイレの仕様を解禁しています

念のため、チビの便だけは1階のトイレで流すようにしています

それぞれの効果

今回行った対応それぞれの効果を考えてみます

ラバーカップ

これは奥に詰まった便本体にはおおよそ効果はなかったように思います

便によって細くなった排水管に詰まった新たなごみを剥がしたことで、一時的に開通するようになっただけのようでした

その結果、効果の持続時間は非常に短かったと思います

しかし、手軽な作業なのでラバーカップさえあれば詰まるたびにすぐに対応できる安心感はありました

加圧式パイプクリーナー

これは決定打にはならなかったものの、奥に詰まった便本体に対してわずかながらもダメージは与えられたと思います

この処置の後は少し排水の流れもよくなりましたし、トイレットペーパーを何度か流しても詰まりにくくなりました

結局は完全に流れきっていなかった分、繰り返しトイレを使うとまた詰まってしまうという結果でした

作業の際に跳ね返りの水滴に対する防御や、先端のアダプターをしっかりと排水口にフィットさせる作業など、やや煩雑なのでそこまでおススメというわけではありません

ラバーカップよりも強力に即効性のあるつまり対策がしたい方は購入して試してみるといいかもしれません

バクテリア式パイプクリーナー

これは即効性は無いものの、便やトイレットペーパーによるつまりに対してはかなり強力に効きます

分解するというよりも府やかすといったイメージのようです

今回はしばらくバクテリアにさらしてふやかした後にラバーカップで刺激して塊を小図すことができたために流しきれたのだと思われます

使った感覚としては効果が出るまで4日はかかるので、家にトイレが2か所あるなど、しばらくトイレを使わなくても問題ない環境が作れる場合にはかなりおススメです

バクテリアのおかげかはわかりませんが、2階のトイレは封水が溜まっている部分がかなりきれいになりました(笑

今後の方針

今回のトイレ詰まりを経験して、今後はトイレのつまり予防のために定期的にバクテリアを補充していこうと思います

定期的に補充してバイオフィルムを維持することで次のつまりを予防していこうという作戦です

そのためにこちらを購入しました

ディスポーザ対応 強力パイプクリーナー 粉末タイプK67JD内容量500g環境にやさしい製品です。

価格:1,848円
(2021/2/3 21:05時点)
感想(0件)

今回使ったものと同じメーカーの粉末状のタイプです

使う際に水で溶く必要はありますが、保管場所を取らないので長く使うには向いていると思います

f:id:omsin:20210203210041j:plain
f:id:omsin:20210203210048j:plain

実物はこんな感じの白い粉末で、液状のものと比べると少し臭いがします

溶解性はあまりよくなく、冷水ではほとんど解けませんので、混合水栓でぬるま湯を出して溶かす必要があります

内容量500gで、1回使用量が30~50gくらいなので、10回以上は使える計算です

念のため、今月中は週1回、来月からは月1回投与し続けてみようと思います

この使い方なら、1袋で1年は持つのでかなり経済的ではないかと思います

まとめ

我が家のトイレつまりとの闘いをまとめてみました

時間はかかりましたが、DIYで何とか開通させることができました

totalの出費も15000円ほどでした

今回かったものは持っておけばまたいつでも使えるので、業者に頼むよりもかなりお得に修理できたと思います

結果的には、物理的な刺激よりも生物学的に分解する方が効果があるようです

時間はかかりますが、トイレを使わなくていい状態が作り出せるならバクテリア式パイプクリーナーが一番おススメです

あまりメジャーではないようですが、トイレのつまりで困った際には参考にしてみてください

ちなみに、このロービックというメーカーからはトイレの他にも風呂や油汚れによるパイプのつまりに特化した商品も出ていますので、つまりの場所に合わせて使ってみるのもありかと思います