ガレージハウスで愛車と気ままな日々‼️ 目指せSETAGAYA base🚘的生活‼️

30歳の一般人です。クルマが好きすぎてガレージハウスを建てました。ローン地獄ですが頑張って返済中です。。。建設までの経緯やその後、愛車について少しずつ書いていきたいと思います。

デュアリスライトバルブ交換DIY

おうち時間充実作業の参考になればと過去の作業のまとめ記事です

 

デュアリスは昨年4月末に納車となりました

もう新車ラインナップにもない古いクルマです

www.omsincarandhouse.work

 

そんなデュアリスですが、ヘッドライトはキセノンで、その他のバルブはハロゲンでした

純正のキセノンヘッドライトはハロゲンよりも明るいものの、色味は黄色みがかっています

フォグライトも純正のハロゲンバルブでは電球色なので、そこまで霧や雪の際に光が届くわけではありません

 

そこで、バルブの交換を行いました

 

f:id:omsin:20200425210024j:plain
f:id:omsin:20200425205739j:plain

使用したのがこのバルブです

左がフロント関係、右がリア関係です

フロントのメインバルブのキセノンバーナーは使い始めて2ヶ月で切れてしまったので交換しました

f:id:omsin:20200425210121j:plain

交換したのがこの信玄というバーナーです

HIDの場合、バラストはしっかりしたのもがいいですが、バーナーはそこまでこだわらなくてもよいを聞いたことがあるので、1000円程度のバーナーにしていましたが、すぐに切れてしまいます。。。

信玄は3000円ほどですが、とても安定した発光でおススメです

 

では交換作業です

フロントは車種によりけりです

デュアリスの場合はフロントバンパーを外してヘッドライトユニットを外さないといけません

f:id:omsin:20200425210729j:plain

上下のネジを外すとバンパーごと外せます

この時、フォグライトユニットはバンパーに固定されていますので、配線を外してから外すようにしてください

その後で、ヘッドライトユニットを固定しているボルトを外してユニットごと外します

f:id:omsin:20200425210731j:plain

交換の際の写真です

上からポジション灯、メインユニット(ロービームのHID、ハイビームの高効率ハロゲン)、フォグランプです

 

ウィンカーバルブは交換していません

LEDバルブも売っていますが、ハイフラッシュの原因となり、その予防のためにさらにパーツが必要となるためです

可能な限りシンプルで、効率的なDIYを目指しているので、ウィンカーは純正のままにしています

 

続いてリアです

f:id:omsin:20200425211534j:plain

リアの場合はライトユニットを外して中のバルブを交換します

ハッチを開けた部分にあるボルトを外し、ユニットをやや外向きに引っ張ると外せます

リアもウィンカーは純正のままで、ブレーキとバックライトのみLEDに交換します

 

作業はサクッと終わります

 

交換後です

f:id:omsin:20200425211913j:plain

HIDを6000Kにしたので、白みが増しました

また、ハイビームも高効率バルブにしたおかげで白みがっています

一方、フォグは機能重視で3800Kにしています

いわゆるイエローのライトです

これで雪や霧の中でも白飛びせずに視界が確保されます

 

f:id:omsin:20200425211918j:plain

リアです

リアで一番変化するのはバックライトの色です

LEDになるので、白くなります

こうなると雨など天候の悪い日に後方視界が悪くなってしまいがちですが、デュアリスのライト位置では純正と視認性は変わりませんでした

白いライトでキリっとリアビューが引き締まりました

 

ライト交換は以前に書いたスピーカー交換と同じく、お手軽にできるDIYです

夜間の視認性向上にも役立つDIYですので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか